Launch & Exhibition >>

Prototype & Experiments at Aram Gallery

Press Latest >>

extended date & on-line articles

Everyday >>

early summer lunch

Salone del Mobile 2012

Monday 16 April 2012 Launch & Exhibition

A new series of furniture named Nico, including a dining chair, armchair and tables will be launched at the Milano Furniture Fair, starting in a weeks time.

ミラノ家具見本市にて、Zilio社のためにデザインした新シリーズが発表されます。



This series is designed to be used for cafes, restaurants and domestic houses - to cheer up one's space with a friendly shape and comfortable seating.  Applying Zilio's local expertise, the Nico series has modest prices as well.  Dining chairs are tight stacking as are the armchairs, and the tables have detachable legs for economical transportation costs.

location:
Hall 6, stand C38
Salone International del Mobile

dates: 17 - 22 April 2012

Zilio's newsletter on the launch
 

『Nico』はカフェやレストランで使ってもらうことをイメージしながら、コンパクトで軽やかにスタックでき、たくさんの色から選べる使いやすい家具としてデザインした、ダイニングチェア、アームチェア、正方形と長方形の2種類のテーブルです。

Zilio社の共労工場の特性を生かし、製造の現場になるべく負担をかけないシンプルな作りにしながらも、手にとったり腰掛けた人が自然と微笑むような、普段着で会う親しい友達と一緒にいるような存在になってくれたらと願います。
 

Harrys of London, City

Tuesday 3 April 2012 Launch & Exhibition


A new shop of mens shoe brand Harrys of London has opened its third London shop at the Royal Exchange, the heart of the City.

ハリーズオブロンドンのシティ店がオープンしました。

At a prime location in the City of London, a new Harrys of London men's shoes shop has opened.  We have designed its window display, ground floor interior, and supervised the construction.

In a similar way to our previous design of Harrys of London Burlington Arcade shop, we took care of their brand message in the harmony of the shop location, in a beautiful historic building in the heart of the City of London.

Location:
18 Royal Exchange
London EC3V 3LP

map and opening hours
 

金融街の中心にあるRoyal Exchangeはかつての証券取引所の跡地で、1844年に建てられた建築内部の壁画を保存しつつ、2001年にレストランと商業施設に生まれ変わりました。その一画、リバプールストリート駅からのアプローチにHarrys of Londonのロンドン3店舗目がオープンし、t.n.a. Design Studioにて内装の設計と施工監理を担当しました。

以前に手がけたバーリントン・アーケード店と似て、建物に馴染んで以前からそこに存在するような雰囲気にすることが課題で、できる限りオリジナルの内部装飾を残してディスプレイ用什器と融合させています。商品ストックを内装の一部として使いながら、顧客には書斎に座っているような安らぎを感じてもらえる、そんなインテリアを目指しました。

 

Search