Portfolio Case Study

Carry Stool

Ishinomaki Laboratory, 2013



"carry them out with your picnic food - then sit down off the ground, if lawn is not dry"

 

『スツールをひっくり返し、スナックと飲み物を入れて外に出かけよう。地面が湿っていても大丈夫。』

 

size:
W 430 / D 140  / H 200 mm

material:
Ceder



Carry Stool is a set of stacking stools, which can be upturned and used as a carrying container or tray. 

For a picnic - you can put food, drink and glasses in the container, for taking them outdoors.  You may use them as stools if the ground is wet, or if you sit on dry grass, you can use them as little tables.

For gardening - you may carry your tools to where you work, then you upturn it to use as a stool and sit off the ground, in a better position for your knees.  Harvest fruits and vegetables and take them from the garden, too.

Ishinomaki Laboratory was started right after the Tohoku earthquake in 2011 - a volunteer team made and assisted to make benches and stools for people who live in temporary houses after they lost their homes in Tsunami.  The Laboratory has been growing since - employing local people, adding new items and now their products are sold in design shops in Tokyo and Paris.

In June 2016, a shop called Tohoku Standard was openes in Sendai Parco2 bulding, and a large number of Carry Stools are used for display shelves.  Designed by Keiji Ashizawa and his team, Carry Stool are stack up, connected and wired with LED light.

 

 

「キャリー・スツール」は小脇にかかえて気軽に外に出るための低いスツールです。

アウトドアにスナックや飲み物などを持ち出すトレーとして使い、気持ちの良い場所を見つけたら座ってピクニック。地面が湿っていてもおしりは浮いているから大丈夫です。乾いた気持ちのいい場所を見つけたら地べたに座って、スツールは低いテーブルとして使えます。

ガーデニングにも便利。道具類を入れて運び、植え替えや雑草とりなど膝に負担のかかる作業をスツールに座ってすると楽です。収穫を中に入れて持ち帰るためのキャリアーとしても使えます。

家の中でも、子供と遊ぶ時に低い視線で会話ができて膝にも楽な、日常使いのスツールとしてデザインしました。

石巻工房は東北大震災の直後に、ボランティアによって仮設住宅や避難所で使われる家具を作ることから始まりました。デザイナーやメーカーが素材やデザインを提供し、地元に開かれたDIYのワークショップを開来ながら徐々に育ってきました。復興デパートメントを通してのネット販売とともに、デザインショップでの取り扱いも始まりました。

2016年には、仙台PARCO2内にオープンした「東北スタンダードマーケット」の店舗什器として、Carry Stoolがたくさん使われました。芦沢啓治建築設計事務所のデザインによる店舗で、照明を組み込んだ展示棚になりました。