Portfolio Case Study

Donkey 3

Isokon Plus, 2003


''Following its tradition and added function for contemporary''

『家具の持つ歴史を踏まえ、今必要な機能を足す』


Outer shell: Birch plywood
legs and shelf: MDF

w 600 / D 350 / H 410 mm


Re-design of Isokon's historical piece 'Penguin Donkey' designed by Egon Riss in 1939 and 'Penguin Donkey 2' by Ernest Race in 1963. 

To adopt contemporary needs, small table top is added to put mug and lap-top computer, also shelf size adjusted for CD and DVD.  Cut out handles add mobility for the piece, too.

It was not an easy brief given by Isokon Plus, but I tried to show the company's high skill in forming plywood, as well as retaining charactor of this small piece of furniturer.

 

details on Isokon on-line

interview of Chris McCourt, director of Isokon Plus on guardian.co.uk

 

1939年に亡命中のウォルター・グロピウスのアート・ディレクションによってエゴン・リスがデザインした「Penguin Donkey」と、その家具をアーネスト・レイスが1963年にメールオーダーできるノックダウンにデザインし直した「Penguin Donkey 2」を受け、2003年にIsokon Plusより依頼されてこのシリーズのリ・デザインしました。2003年の時点でこの会社が持っている最良の技術を使い、この小さな家具を現代の暮らしに沿ったものにするのが目的でした。

トップを平らにすることで飲み物やラップトップを置くのに便利なテーブル面を作り、棚は現代のメディア、CDやDVDを収納できるサイズにデザインしました。ハンドルになる穴を切り取り、持ち運びやすいようにしています。