Portfolio Case Study

J+I Benches

SlowWood, 2014


"create two strong benches from a plank"

 

『薄い板材から2つの強いベンチを作る』

 

size:
bench1: W 850 / D 250 / H 425 mm
bench2: W 810 / D 250 / H 425 mm

 

materials:
body: Elm
wedges: Cherry Wood


A set of two benches, could be used as seating and low table, made of components carefully cut out from a plank.  They are capable of supporting two people each, as well as nest one inside the other to make transport volume small.

SlowWood is formed by skilled wood craftsmen who have sustainable source of materials and way of living.  Our initial concept was to design a versatile piece of furniture, with minimum waste of the material and customers self assembly for reducing the transportation carbon footprint.

At the begining we expected a log, so we designed two benches with bark still on, flat-pack. In the end, the material we received was an Elm plank - our design was shifted to a challenge of making two strong benches with thin boards. The detachable braces, possible by the fine craftmanship, allow two benches being strong and nesting together.

This is one of the J+I projects, which was launched as a part of Hands on Design exhibition at fuoriSalone 2014.

 

photos:
1st image / SlowWood
5, 6 & 7th / J+I
14, 17 & 18 th / Nicola Tessari of SlowWood
other / TNA Design Studio

 

限られた素材から丁寧に切り出され加工された、2つのベンチがセットです。一つのベンチに2人まで座れ、ベンチとコーヒーテーブルとしても使えます。片方は若干長く作られているので、搬送時にはくさびを外して筋交いを抜き、本体を重ねて小さな箱に収まります。

J+IプロジェクトのひとつとしてSlowWoodに所属する木工職人と仕事をすることになった時、サステナブルな材料の仕入れや仕事場の環境に対する彼らの姿勢に感銘を受け、できるだけ捨てる素材を少なくし、しかも搬送時の環境負荷を少なくできて機能的な家具をデザインしよう、と思ったのが出発点です。

最初は丸太が手に入る事を期待し、樹皮のついたままのベンチを考えましたが、工房に届いた素材が製材されたニレ材だったので、その素材をいかに有効に使うか、ということを考えました。軽やかでしかも強い構造と取り外しの可能なくさび周りの加工は、丁寧な木工の仕事なしには実現できないものです。
 

サローネ期に開催されたHands on Designの展示の一部として、2014年4月に発表になりました。

展示会の様子が、JDN(ジャパン・デザイン・ネット)のサローネ特集で紹介されています。