Portfolio Case Study

J+I Tangram

Ercole Moretti, 2014



"delicate tactile pleasure"

 

『繊細なガラスに触れる楽しみ』

 

size:
W 130 / D 130 / H 5 mm

 

material:
'Millefiori' glass canes



Tangram is a silhouette puzzle, which has its origin from China in 11th century - to form a specific shape in silhouette using all seven pieces.

We have designed this tangram in Venetian Glass, with traditional technique of 'murrina mosaic' - cut glass canes in short pieces and place them each other in a frame, then fire to melt them into one piece.

Ercole Moretti is one of the factories which succeed high quality of this murrina mosaic tradition.  We have chosen this puzzle game to design, in order to recall tactile pleasure of this material, rather than just look at it.

This is one of the J+I projects, which was launched as a part of Hands on Design exhibition at fuoriSalone, in April 2014.

We are still working on materials to make this puzzle joyful and strong and it will be ready for sale early winter of 2014.

 

タングラムは11世紀ごろの中国に発明されたと言われるシルエットパズルで、7つのピースを使ってシルエットで描かれた図を再現する遊びです。

ヴェニス、ムラーノ島のガラス工芸の伝統を引き継ぐErcole Morettiのためにデザインをすることになったとき、わたしたちは手で触れて楽しむパズルを選びました。というのも、ムリーナと呼ばれる金太郎飴のようなこの模様ガラスを使ったムラーノ島の工芸品は、食品に使えない性質のため眺めるだけの置物であることが多く、その繊細な美しさを触ったり光にかざしたりして楽しんでもらおうと思ったからです。

この作品はJ+Iプロジェクトから生まれ、サローネ期に開催されたHands on Designの展示の一部として、2014年4月に発表になりました。

展示会の様子が、JDN(ジャパン・デザイン・ネット)のサローネ特集で紹介されています。

色の組み合わせや割れにくいくい素材の組み合わせなど開発はまだ続いていますが、2014年の初冬には発売になる予定です。