Portfolio Case Study

Nesting tables

nextmaruni, 2005

''Table top to be merged to space''

 

『環境を優しく映し込むテーブル』

 

Oak and bead blasted mirror
 

D 550mm / H 500, 600 & 700mm

 

photo: Yoneo Kawabe


A set of three side tables, nesting on top of each other within footprint of one. The table-top is a frosted mirror and they reflect a vague image of what is on it, as well as its surrounding.

Designed for nextmaruni, a new collection for Wooden furniture manufacturer Maruni, of Hiroshima, Japan.  They can carve material by CNC machine, then joint parts and carve again.  Trying to use this industrialized but highly skilled craftsmanship.  The result is a mono-structure with delicate sections, and a shift in shape from top to bottom of the legs.  

nextmaruni website

 

フロスト加工された鏡のテーブル面にテーブル上の物とまわりの環境がやさしく映り込み、周囲の雰囲気に溶け込むようにデザインされた小テーブルです。

広島に本社のある㈱マルニ木工が立ち上げたレーベル「nextmaruni」のためにデザインしたサイドテーブルです。50 cm、60 cm、70 cmの3種類の高さのテーブルはnextmaruniシリーズのダイニングチェアーやラウンジチェアーの脇役として寄り添うよう高さです。必要に応じて3つのテーブルを重ね、小さな面積に収納しておけます。

マルニ木工の工場を見学し、繊細なカーブを削りだせるコンピューター制御の切削機械と、削り出したパーツをもう一度加工出来るといった高い職人技の組み合わせを使って「量産できる工芸品」といったたたずまいを実現したい、と思ったことがデザインのきっかけです。

 

問い合わせ:ネクストマルニ