Portfolio Case Study

Onetosixteen 1&2

Kamigu-Fukunaga Shiko, 2014


"paper models in 1:16 scale - make your own furniture & interior museum"


『16分の1の紙模型で家具とインテリアのミニミュージアムを作る』

 


Onetosixteen website


Onetosixteen shop

 

size:
when assembled: W 100 / D 65 / H 145 mm
package: W 100 / D 4 / H 145 mm

 

material:
printed paper, laser cut

 

graphic design:
Mentsen
 


From flat to 3-dimensional

 

A flat printed material can be cut out and assembled on your desk top – then you realise there is a small diorama around it.  Our mission as curators of the 1:16 mini museum is to deliver this little wonder through a history of chairs and their associated interiors.

First two models were launched November 2014.

 

#001 Sussex armchair
circa. 1860
Ebonised beech, rush seat

The Sussex armchair was most likely designed by Philip Webb for William Morris’s own house, the Red House, around 1860. It was based on an English country chair from the Regency period, found in Sussex – hence the name. The chairs were produced by Morris, Marshall, Faulkner & Co., and later by Morris & Co.,  in various styles in black, brown and (very rarely) red. They sold in large numbers in the late 19th Century and early 20th Century, were widely copied and sold through well known furniture retailers such as Liberty’s and Heals. They became an icon of artistic style and were to be found in the studios of Pre-Raphaelite artist Edward Burne-Jones, and Alfred Gilbert, the sculptor of Eros at London’s Piccadilly Circus.

More information about this model, please visit Sussex chair in Onetosixteen.

 

#002 Shaker chair

circa. 1820
hardwood such as Maple or Birch and woven tape seat

The Shakers were 19th century America’s communal utopian society.  According to the book Shaker ( Jane Sprigg and David Larkin, 1987  ), ‘.. Shaker chairs were typically light but sturdy’ – they excluded all decorative elements from their furniture, pursuing pure functionality and simplicity.  They were often made for the exact size of Believers, members of the Shaker community.  As a part of their neat and beautifully crafted interior fittings, chairs were hung on the wall pegs when they cleaned the floor.

More information about this model, please visit Shaker chair in Onetosixteen.

 

平面を起こして立体にする

平たい印刷物を切って立ち上げるだけで、そこに空間が生まれて小さなジオラマになります。その楽しみを、世界の椅子とそれが生まれた背景のインテリアを通して再現するのが 1:16 ミニ・ミュージアムの使命です。

シリーズの開始として、2014年11月に以下の2点が発売になりました。

 

サセックス・アームチェア
1860年頃
黒檀色に染色したブナ材、イグサ編みの座面

サセックスチェアの各種は、デザイナーが誰なのかいろいろな論者が推測していますが、おそらくフィリップ・ウェブだろうと言われています。1860年頃に完成したウィリアム・モリスの住まい「レッドハウス」のためにデザインされ、のちにモリスの主宰する家具会社Morris & Co. より発売され、19世紀の後半から20世紀にかけて量産されました。その頃の芸術家好みの家具の象徴的な存在となり、ラファエル前派のエドワード・バーン=ジョーンズのスタジオでも使われていたことが知られています。その後、シリーズとして多くの家具製造会社が模倣品を作り、リバティーなどのデパートでも売られました。

このモデルの詳細組み立て方はOnetosixteenサイトをご参照ください。

 

シェーカーチェア
1820年頃
カエデ、カバなどの堅木に組紐で編んだ座面

シェーカー教徒は18世紀にイギリスからアメリカに渡り、共同体を営んで宗教的生活をした人たちで、彼らの室内インテリアや家具は装飾を排した機能美が特徴です。椅子は「とても軽いが、強い」と説明される、徹底した合理性から生まれました。椅子は信者の体型に合わせてサイズが調整され、座面の組紐も工房で織られました。インテリアのあちこちで使われる壁掛けに、他の家事用具と一緒に椅子を引っ掛け床を掃除した、質素で美しい暮らしが垣間みれます。

このモデルの詳細組み立て方はOnetosixteenサイトをご参照ください。

Download Case Study (PDF)