Portfolio Case Study

Onetosixteen 3&4

Kamigu-Fukunaga Shiko, 2015


"paper models in 1:16 scale - make your own furniture & interior museum"


『16分の1の紙模型で家具とインテリアのミニミュージアムを作る』


Onetosixteen web site


Onetosixteen shop

 

size:
when assembled: W 100 / D 65 / H 145 mm
package: W 100 / D 4 / H 145 mm

 

material:
printed paper

 

graphic design:
Mentsen



From flat to 3-dimensional

A flat printed material can be cut out and assembled on your desk top – then you realise there is a small diorama around it.  Our mission as curators of the 1:16 mini museum is to deliver this little wonder through a history of chairs and their associated interiors.

Following two models were launched April 2015. 

 

Butterfly chair
Designed by Lucian Ercolani for Ercol, 1957
Beech, Elm veneered plywood

Ercol is a British manufacturer known for high quality traditionally influenced furniture.  This chair was called ‘401 Preformed Dining Chair’ when designed in 1958 by the company owner, combining their first use of formed plywood with traditional construction for the base.  In 2002, production was revived following an initiative by Margaret Howell.

More information about this model, please visit Onetosixteen.

We would like to say a big thank you to Edward Tadros, Lucian Ercolani’s grandson and Ercol Chairman, for his permission to use the design in our product.

www.ercol.com

 

Hill House 1 chair
Designed by Charles Rennie Mackintosh, 1904
Stained Ash, upholstered seat

This chair was designed in 1904 for the ‘White Bedroom’ in Hill House, as a part of Mackintosh’s total interior scheme.  It is also called the ‘Ladderback chair’ from its characteristic motif, thought to have been influenced by Japanese art and design which the architect was collecting at that time.

More information about this model, please visit Onetosixteen.

 

平面を起こして立体にする

平たい印刷物を切って立ち上げるだけで、そこに空間が生まれて小さなジオラマになります。その楽しみを、世界の椅子とそれが生まれた背景のインテリアを通して再現するのが 1:16 ミニ・ミュージアムの使命です。

シリーズの第2弾として、2015年4月に以下の2点が発売になりました。

 

バタフライ・チェア
デザイナー:ルシアン・エルコラーニ、1957年/製造:Ercol
ニレ材を貼った化粧合板、脚部はブナのムク材

ウィンザー・チェアなど伝統的なイギリス家具の製造で知られるアーコール社が、ムク材の脚部に成形合板の背と座を組み合わせた最初の例で、当時は「成形されたダイニングチェア」と呼ばれました。マーガレット・ハウエルのリクエストにより2002年に製造が再開されて今に至ります。

このモデルの詳細や組み立て方はOnetosixteenサイトをご参照ください。

この『1:16シリーズ』でモデル化するにあたり、ルシアン・エルコラーニの孫で現在アーコール社の会長であるエドワード・タドロス氏に快諾をいただいたことを、ここに感謝します。

アーコール社のウェブサイト
アーコール社の日本代理店、ダニエル

 

ヒルハウス1・チェア
デザイナー:チャールズ・レニー・マッキントッシュ、1904年
染色したトネリコ材、布地の座面

ヒルハウス 1・チェア
染色したトネリコ材、布張りの座面

別名「ラダー(梯子)バック・チェア」と呼ばれるこの椅子は、チャールズ・レニー・マッキントッシュが設計した「ヒル・ハウス」(1904)の寝室のインテリアの一部としてデザインされました。黒い格子は障子などの建具を彷彿とさせ、当時マッキントッシュが好んだ日本文化の影響がうかがえます。

このモデルの詳細や組み立て方はOnetosixteenサイトをご参照ください。