Portfolio Case Study

Onetosixteen 5-8

Kamigu-Fukunaga Shiko, 2016


"paper models in 1:16 scale - make your own furniture & interior museum"

『16分の1の紙模型で家具とインテリアのミニミュージアムを作る』



Onetosixteen web site


Onetosixteen shop

 

size:
when assembled: W 100 / D 65 / H 145 mm
package: W 100 / D 4 / H 145 mm

 

material:
printed paper, laser cut

 

graphic design:
Mentsen


From flat to 3-dimensional

A flat printed material can be cut out and assembled on your desk top – then you realise there is a small diorama around it.  Our mission as curators of the 1:16 mini museum is to deliver this little wonder through a history of chairs and their associated interiors.

Four models were launched in Spetember 2016.

 

Plywood chair
Designed by Jasper Morrison, 1988
Birch veneered plywood

Constructed from plywood, glue and screws, this chair was originally made for the installation “Some New Items for the House” in Berlin. Morrison describes “The intention was to design a number of objects which, put together, would form or, rather, imply a room. With this purpose in mind the objects had not to fight for attention, appear too self-conscious by over-design, but have about them a kind of modest, unassuming nature that you would expect of objects you find in real rooms”.

More information about this model, please visit Plywood chair in Onetosixteen.

We would like to say a big thank you to Jasper Morrison for his permission to use the design in our product.

 

Mezzadro stool
Designed by Achille & Pier Giacomo Castiglioni, 1957
Enamelled tractor seat, chromed steel, beech wood

Made from four simple elements – a pressed steel tractor seat, a modified tractor seat spring, a bicycle wing nut and a wooden stabilising piece shaped like the rung of a ladder – this stool embodies one of Castiglioni brothers’ typical approaches to design, utilising ready-made parts to create a new object.

More information about this model, please visit Mezzadro stool in Onetosixteen.

We would like to say a big thank you to Fondazione Achille Castiglioni and Dott. Giorgina Castiglioni for their permission to use the design in our product.

 

Zig-Zag chair
Designed by Gerrit Rietveld, c.1932
Oak with brass fittings

Primarily an architect, Rietveld also designed several important and iconic pieces of furniture, such as the famous Red-Blue chair of 1923, the Crate furniture of 1934, and the aluminium chair of 1942.

Rietveld’s startlingly minimal Zig-Zag design from 1932 is an exercise in purity of form.  He said that it wasn’t a chair, rather ‘a little partition in space’.  He was clearly pleased with it since, from 1933, he used the design in many of his architectural models of interiors for clients.

More information about this model, please visit Zig-Zag chair in Onetosixteen.

 

Paimio chair (Armchair 41)
Designed by Alvar Aalto, 1931-2
Bent plywood, laminated and solid birch

In 1928 Aalto and his wife Aino won the competition to design a tuberculosis sanitorium near the Finnish city of Paimio.  The project was not completed until 1933, and during this time they were also appointed to design the interior and furnishings.  Initially they considered using the metal framed B3 (Wassily) leather chairs of Marcel Breuer, but it was decided that wood was a more suitable material in the atmosphere of the sanitorium, being warmer, more supple and generally friendlier towards the patients.

More information about this model, please visit Paimio chair in Onetosixteen.

We would like to say a big thank you to Alvar Aalto Foundation & Museum and Marianne Goebl of Artek for their permission to use the design in our product.

 

平面を起こして立体にする

平たい印刷物を切って立ち上げるだけで、そこに空間が生まれて小さなジオラマになります。その楽しみを、世界の椅子とそれが生まれた背景のインテリアを通して再現するのが 1:16 ミニ・ミュージアムの使命です。

2016年9月に以下の4点が発売になりました。

 

プライウッドチェア
デザイナー:ジャスパー・モリソン、製造ヴィトラ:1988年
カバ材の化粧合板

化粧合板と木ネジだけで構成されたこの椅子は、ベルリンで開催された『Some New Items for the House』という展覧会のためにデザインされました。「空間にいくつかのオブジェを置く事で、自然に室内空間が出来上がることを意図した」とモリソン氏自身が語るように、この展示は過剰なデザインで人目にとまることをあえて避け、控えめでもったいぶらないアイテムによってリアルな室内を構成する試みでした。

このモデルの詳細組み立て方はOnetosixteenサイトをご参照ください。

この『1:16シリーズ』でモデル化するにあたり、ジャスパー・モリソン氏に快諾をいただいたことを感謝します。

 

メッツァドロスツール
デザイナー:アキーレ&ピエールジャコモ・カスティリオーニ、1957年
ほうろう加工のトラクターの座、クロームメッキスティール、ブナ材

プレス成形されたトラクターの座と上下逆さまにした支柱、自転車用のちょうナットとすりこぎのような形のブナ材の棒という4つの要素で構成されたこのスツールは、既存品を使って新しい用途の製品を作り出す、カスティリオーニ兄弟のデザインへの取り組みのひとつを端的にあらわす例です。

このモデルの詳細組み立て方はOnetosixteenサイトをご参照ください。

この『1:16シリーズ』でモデル化するにあたり、アキーレ・カスティリオーニ財団とジョルジーナ・カスティリオーニ女史に快諾をいただいたことを感謝します。

 

ジグザグチェア
デザイナー:ヘリット・リートフェルト、1932年頃
ブナ材、真鍮の金具

リートフェルトは1923年の『Red-Blue』や 1934年のクレート家具、1942年のアルミニウムの椅子など、前衛的で時代を象徴するデザインを数多く残した建築家です。

同時代に見られたスタイルと比べて格段にミニマルなジグザグチェアは、リートフェルト自身が「椅子ではなく、空間を仕切るもの」と呼んだように、純粋な形の追求として1932年頃から構想され、さまざまな建築プロジェクトに使われました。

このモデルの詳細組み立て方はOnetosixteenサイトをご参照ください。

 

パイミオチェア
デザイナー:アルバー・アアルト、1932年
成形合板、カバ材

アルバー・アアルトが妻のアイノ・アアルトと共に、結核療養所の設計コンペで最優秀に選ばれたのは1928年のことでした。フィンランドのパイミオという街にその療養所が建つ1933年までに、この施設で使われる家具もアアルトがデザインしました。マルセル・ブロイヤーのパイプを使った椅子を使うことも検討されましたが、木製の椅子のほうが療養所の雰囲気にマッチして患者が触れたときの暖かみもあるとの判断で、この椅子がデザインされました。

このモデルの詳細組み立て方はOnetosixteenサイトをご参照ください。

この『1:16シリーズ』でモデル化するにあたり、アルバー・アアルト財団とアルテック社のマリアンネ・ゴーブル社長に快諾をいただいたことを感謝します。