Portfolio Case Study

Restaurant Argo Chair

Restaurant Argo, 2005


''Classical chair with contemporary comfort''

 『きりっとした姿勢を保ちながらくつろげる椅子』

 

A set of 7 items originally designed for Argo, a French cuisine restaurant in Tokyo.  Overall interior design and refurbishment scheme was done by Yukiharu Takematsu & E.P.A.

皇居の森を臨むロケーションに建つ東條会館の9階に位置するフレンチレストラン「Argo」のためにデザインした7点セットの家具です。改築とインテリアはE.P.A環境変換装置建築研究所の武松幸治さんが手がけました。


Given brief for the dining chair was 'classical'.  We started to look at roots of chairs, as well as Ming dynasty chairs from China, which gave inspiration to Scansinavian furniture in 20th century.  Our conclusion was to give language between original Ming chair and Scandinavian translation.  Also this chair has correct posture for eating position, especially comfortable for matured customers.

The chairs are manufactured by Arflex Japan.

 

Other artists participate the project;
Nancy Lorenz: panels and partitions
Ritsue Mishima: Glass objects
Jess Shaw: Floating Light
 

 

建築家から与えられた家具デザインへのコンセプトは「クラシック」でした。そこで、ヨーロッパの家具のルーツはもちろんですが、明代の中国の家具やそれに影響を受けたスカンジナビアの現代の家具に注目し、その中間に位置するようなダイニングチェアーを、現代の切削技術を使って制作することを考えました。

このダイニングチェアーはさらに、しゃきっと背筋を延ばして座って食事をすることを気持ちよく感じる年代の客層を考え、腰のサポートをしっかりさせつつも低い背もたれで腕の動きを自由にしています。また、肘を肘あてに乗せて少し休憩できるようなアームを脚部と一体にしてデザインしました。製造はアルフレックス・ジャパンが担当。

インテリアの他の要素には、ガラスオブジェの三嶋りつ恵、照明器具のジェス・ショウ、パネルと間仕切りにナンシー・ロレンツがそれぞれ参加しています。

 

レストランの詳細はここで。