Portfolio Case Study

Royal Exchange shop

Harrys of London, 2012



"In harmony with the location."

 

『周囲の環境となじむ店舗』

 

shop interior design and supervision of refurbishment

location:
18 Royal Exchange
London EC3V 3LP
map and opening time

approx floor size:
W 4,000 x D 6,000 mm

 

Co-designed by Tomoko Azumi and Barbara Etter


At a prime location in the City of London, a new Harrys of London men's shoes shop has opened in March 2012.  We have designed its window display, ground floor interior, and supervised the construction.

In a similar way to our previous design of Harrys of London Burlington Arcade shop, we took care of their brand message in the harmony of the shop location, in a beautiful historic building in the heart of the City of London.

 

金融街の中心にあるRoyal Exchangeはかつての証券取引所の跡地で、1844年に建てられた建築内部の壁画を保存しつつ、2001年にレストランと商業施設に生まれ変わりました。その一画、リバプールストリート駅からのアプローチにHarrys of Londonのロンドン3店舗目がオープンし、t.n.a. Design Studioにて内装の設計と施工監理を担当しました。

以前に手がけたバーリントン・アーケード店と似て、建物に馴染んで以前からそこに存在するような雰囲気にすることが課題で、できる限りオリジナルの内部装飾を残してディスプレイ用什器と融合させています。商品ストックを内装の一部として使いながら、顧客には書斎に座っているような安らぎを感じてもらえる、そんなインテリアを目指しました。

 

interior contractor:
Bruton Interiors

Wingback chair:
James

chandelier:
Niche Modern

 

photography: Tim Dawson